平成18年度春季リーグ戦績




4月15日(土)「いわき南部スタジアム」 第1週 第1戦 第1試合

    計  
会津大学
東北公益文科大学 × 10
先発は1年ぶり3度目の開幕投手を務める木戸。
初戦ということで制球が定まらない、野手はエラー、そして木村は投手と目が合い牽制死。
序盤から大きくリードされる。
しかし、コールド負けのピンチの場面で打線が奮起!初戦から9回まで試合をすることができ、少し手応えを感じた一戦だった。
木戸がまたしてもバットを折り、白井を抜いてバット折損数会津大歴代1位という不名誉な記録を樹立。




4月16日(日)「いわき南部スタジアム」 第1週 第1戦 第1試合

    計  
会津大学 ×
山形大学工学部 1× ×
先発は田村。二部最強の山形大学工学部相手に粘り強く投げ、5回まで4失点と好投をみせる。
打線は清野がチーム初安打で口火を切ろうとするが、後が続かず。
チーム安打数4と完全に押さえ込まれ、敗北。




4月22日(土)「鶴沼球場」 第2週 第1戦 第2試合

    計  
奥羽大学 × × × ×
会津大学 2× × × × × 12
先発は木戸。今日は斎藤、田村と後ろにいるため、初回から全力でとばす。
久々のホームゲームということで、会津打線が大爆発!!
中島は長打を含む2安打、菊川も負けじと2安打。思うように試合を運んだ。
最後は2安打4打点と相変わらずチャンスに強い田中が決め、会津大初の5回コールドという大誤算で勝利を収めた。
この結果、木戸・斎藤・田村というリレーを見ることができなかった。
試合後、斎藤が「投げたかった」と話したが、本心はというと言うまでもないだろう。




4月29日(土)「石巻市民球場」 第3週 第1戦 第1試合

    計  
会津大学
宮城大学 × 11
舞台は初の宮城県。
先発は木戸。序盤は安定していたが、6回に2者連続のデットボールで崩れ、立て直すも時すでに遅し。
試合は乱打戦になり、点の取り合いになった。
藤原が2打席連続で満塁のチャンスをつぶし、あと1本が出ず、惜敗。
木戸が折れたタイカップを使用し3安打という離れ技を見せた。
試合後の宿泊先の旅館はおじいちゃんちだった。




4月30日(日)「石巻市民球場」 第3週 第2戦 第1試合

  10   計  
東北公益文科大学
会津大学 1×
先発は武政。コールド負けのつもりで望んだ試合。先制を許すも、6回を5失点と勝利に向かうピッチング。
序盤は相手投手に抑えられるも、6回に代打木戸の投手への痛烈な当たりで痛手を負わせ反撃開始。7回から木戸がマウンドへ。
ヒット性のあたりをさばいてアウトにした清野
イチローばりのスライディングキャッチをした荒川
尊志と増田は仲間をビビらせるほどのナイスポジショニング
今日はまさに全員野球でムードばっちり。
その結果、菊川がサヨナラ犠飛を放ち、会津大初の延長戦サヨナラ勝ちをもぎとった
木戸は棚から牡丹餅で大学通算7勝目。二桁勝利が見えてきた。




5月6日(土)「大蔵村球場」 第4週 第2戦 第1試合

    計  
山形大学工学部 × × × × 14
会津大学 × × × ×
来年を見越して、4年カルテットはベンチスタート。
先発は武政。3回まで好投していたが、4回に肩を痛め途中降板。
急遽、登板した尊志は調子をこき打ちこまれた。その後、アップ不足で登板した木戸も言うまでもなく打ち込まれた。
打線は田中の内野安打1本と完璧に抑えこまれ、今季初の5回コールド負けを喫した。
加藤(木村鏡ぁ法川前がデビュー。加藤は初めてという捕手をうまくこなしていた。




5月14日(日)「南郷球場」 第5週 第2戦 第1試合

    計  
宮城大学
会津大学
先発は木戸。7回まで被安打1とテンポ良く試合を作る。
しかし、8回に突如打ち込まれ4失点。
打線は先制したものの、良い当たりがすべて正面とつながらない。
終盤は相手投手の変化球に翻弄され、沈黙。
最終回の攻撃も相手の好プレーに阻まれ、第1戦と同じく惜敗。
この試合はツキが全くなかった。




5月14日(日)「南郷球場」 第5週 第2戦 第3試合

    計  
会津大学 × × ×
奥羽大学 × × × 11
初のダブルヘッダー
先発はルーキーのサウスポー石川。久々のマウンドということで慣れるまでに時間がかかった。
打線は2回にルーキーの石澤がヒットで出塁し、増田のタイムリーで1点をとったが、1試合目の疲れが明白でその後は沈黙。
荒川は盗塁中に足をつり、無様にも盗塁死をくらった。
しかし、1試合に1回しか使えないレーザービームで、仲間と相手チームの度肝を抜き、面目を保った。
中島はというと、4番の魔の手にはまりこの2試合まったく良いとこなしだった。



7月9日(日)「」 吾妻杯

    計