2019年度 シラバス大学院

PM教育研究領域 (プロジェクトマネジメント&ITスペシャリスト)

2019/12/07  現在

科目一覧へ戻る
開講学期
/Semester
2019年度/Academic Year  4学期 /Fourth Quarter
対象学年
/Course for;
1年 , 2年
単位数
/Credits
1.0
責任者
/Coordinator
大藤 建太
担当教員名
/Instructor
大藤 建太
推奨トラック
/Recommended track
履修規程上の先修条件
/Prerequisites

更新日/Last updated on 2019/02/15
授業の概要
/Course outline
 この講義では,経営の基本理論としてのミクロ経済学を概観する。基本理論であるが,経営戦略論,マーケティング論,ファイナンス論など応用が多く,それらを幅広く知っていることは有用である。そこで,それらとの連関もできるだけ紹介するようにする。
授業の目的と到達目標
/Objectives and attainment
goals
第1単元 消費者の選択行動
 (1) 予算制約について理解する
 (2) 最適消費の組合わせを求められるようになる
 (3) 最適消費における限界効用について理解する
 (4) 需要関数を導けるようになる
第2単元 価格弾力性と価格差別
 (1) 価格弾力性を理解する
 (2) 弾力性に基づくマーケット・セグメンテーションを理解する
 (3) 価格差別(3種類の価格差別)を理解する
 (4) 2部料金制と,企業にとっての有利性について理解する
第3単元 企業の生産活動とコスト
 (1) コストの内訳を理解する(変動費,固定費)
 (2) 簡単な損益分岐点分析を行えるようになる
 (3) 企業が生産水準やコストをどのように決定するか理解する(費用関数)
 (4) 費用関数に基づいて競争的価格を導く(短期的競争価格/長期的競争価格)
第4単元 市場での競争と競争優位
 (1) さまざまな競争環境の程度を理解する(完全競争,寡占,独占)
 (2) 市場価格と業界利益が,競争環境によってどう変わるか理解する
 (3) M.ポーターの競争優位モデル(5つの力)について理解する
授業スケジュール
/Class schedule
1.5週で1つの単元を行い、6週間で全4つ単元を終了します。
7週目は試験を行います。
教科書
/Textbook(s)
なし(配布資料を使用)
成績評価の方法・基準
/Grading method/criteria
期末試験: 60点
宿題: 計4回(10点x4=40点)

以上 計100点  A~Fのランクは大学院の定めに従う
履修上の留意点
/Note for course registration
特にありません。
参考(授業ホームページ、図書など)
/Reference (course
website, literature, etc.)
(以下は,参考書。必須ではない。)
- D. Kreps, "Microeconomics for Managers," W. W. Norton & Company  
- Robert H. Frank, "Microeconomics and Behavior," 4th Ed. or later, McGraw-Hill Higher Education

実務経験あり:エネルギー関連の民間企業やシンクタンクで計10年の実務経験を有する。


科目一覧へ戻る
開講学期
/Semester
2019年度/Academic Year  3学期 /Third Quarter
対象学年
/Course for;
1年 , 2年
単位数
/Credits
2.0
責任者
/Coordinator
岩瀬 次郎
担当教員名
/Instructor
岩瀬 次郎, 吉岡 廉太郎
推奨トラック
/Recommended track
履修規程上の先修条件
/Prerequisites

更新日/Last updated on 2019/02/02
授業の概要
/Course outline
プロジェクトマネジメントはプロジェクトを成功裏に完了するための計画と管理の技術である。本科目では、プロジェクトマネジメントのグローバル標準The Project Management Body Of Knowledge (PMBOK)に則っとり、プロジェクトとは何か、プロジェクトマネジメントの知識体系、システム開発プロジェクトに必要となるプロジェクトマネジメント技術を習得する。利用者の求めるITシステムを成功裏に構築するために、プロジェクトマネージャの果たすべき役割、近年のIT(情報技術)を駆使したシステム開発でのプロジェクトマネジメントの基本を学び、パッケージ型開発や組込み系のプロジェクトの特徴、グローバルプロジェクトの管理についても学習する。プロジェクトマネージャのキャリアの背景となるIT業界のビジネス、技術動向、ITエンジニアのスキル、キャリアパスを紹介する。授業では、外部講師を招き、プロジェクトマネジメントの実践を紹介する。授業は講義を中心に、テーマにより演習や課題レポートを果たす。当コースは日本のIT企業で働くことを想定しているため、講義資料は英語も併記するものの実例、演習等、日本語での講義が基本となる。  
授業の目的と到達目標
/Objectives and attainment
goals
システム開発のプロジェクトを遂行する上で、関連する開発プロセスを理解し、プロジェクトマネジメント技術の基本を学習する。システム開発プロジェクトの動向、プロジェクトマネージャの役割、キャリアを学習し、将来ITエンジニアを目指す上でのプロジェクトマネジメントの基本を修得する。

到達目標
1. プロジェクトマネジメントを実行するにあたって、要求分析、設計、プログラミング、テストなど開発プロセスとの関係を理解する。
2. システム開発を成功裏に完了するために必須となるプロジェクトマネジメント技術の基本を理解する。
3. IT業界のビジネス、組込み系プロジェクト、グローバルプロジェクト、パッケージ型開発などの動向、プロジェクトマネージャに求められる資質、キャリアの事例を学び、今後IT業界、IT関連への進路、キャリアを考える上での知識を得る。
授業スケジュール
/Class schedule
第 1回 システム開発の技術とビジネス動向
第 2回 プロジェクトマネージャの役割とキャリア
第 3回 システム開発プロセス(要求分析、設計、プログラミング、テスト) 
第 4回 プロジェクトの定義、プロジェクトマネジメントの技術体系
第 5回 プロジェクト計画(見積り)
第 6回 プロジェクト計画(スケジュール、演習)
第 7回 進捗管理EVM *
第 8回 進捗管理EVMケーススタディ*
第 9回 リスク管理
第10回 リスク管理ケーススタディ
第11回 パッケージ型開発(ERP)プロジェクトマネジメント *
第12回 パッケージ型開発(ERP)ケーススタディ*
第13回 契約管理、ケーススタディ
第14回 まとめ
*)外部講師の招聘を予定。
教科書
/Textbook(s)
指定なし。毎回資料を直前に配布(ソフトコピー配布)。  
成績評価の方法・基準
/Grading method/criteria
・筆記試験(選択式、記述式)1回, 課題レポート5題程度(期限1週間)、出席率(含む参加態度)により総合的に評価。評価配分の目安:最終試験50%, 課題レポート40%, 演習10%
・出席が規定の条件を満たさない者は評価しない。
・課題レポート提出が遅れた場合遅れ度合いによって減点とする。
・私語等の受講態度不良の場合は減点とする。
・遅刻と途中退室の場合は出席とみなさない。
参考(授業ホームページ、図書など)
/Reference (course
website, literature, etc.)
実務経験有り(岩瀬):日本IBMに27年勤務し、銀行等多くのシステム開発、システム開発標準、品質管理、プロジェクト管理に従事。この経験をもとに、プロジェクトマネジメントの基礎と実践を教授する。企業(IBM、デロイト)より2名の技術者を外部講師としても招く。
参考図書:「ソフトウェアエンジニアリング講座1,2」(岩瀬、内藤他著 日経BP社)  


科目一覧へ戻る
開講学期
/Semester
2019年度/Academic Year  3学期 /Third Quarter
対象学年
/Course for;
1年 , 2年
単位数
/Credits
2.0
責任者
/Coordinator
吉岡 廉太郎
担当教員名
/Instructor
吉岡 廉太郎
推奨トラック
/Recommended track
履修規程上の先修条件
/Prerequisites

更新日/Last updated on 2019/02/07
授業の概要
/Course outline
There is a myth that only artists, composers, writers, singers, actors, inventors and others of these types are creative people. There is also a myth that creativity is mysterious and uncontrollable burst of inspiration available only to a lucky few; the creative process is considered the same as the process of spiritual growth, etc. In fact, IT specialists are the most creative persons: they understand people needs, applications; corresponding abstract models and transforms knowledge into design and implementations.
In this course, creativity is considered as ability to create new and useful things and/or to add new and useful features for existing things. Each person has talent to innovate, but to demonstrate the creativity, it is necessary to be in good physical and mental conditions, possess special knowledge, and regularly practice in the use of the knowledge. In the first half, this course provides some approaches and methods to develop creativity based on ideas of dualism of processes and phenomena, alternative actions, multiple views of objects, and a concept of good classifications. In the second half, students will engage in practical creative activities featuring extensive use of classification to organize information and to generate innovative ideas (hands-on creativity sessions).
授業の目的と到達目標
/Objectives and attainment
goals
The objective of this course is to enhance student ability to innovate, that is "to see what no one else is seeing," "to think what no one else is thinking," and "to understand why people miss their chances." It also includes recommendations for 1) understanding existing things and their specific features and getting some possible hints about non-existing things or new features, and for 2) how to predict usefulness of the things and features.
授業スケジュール
/Class schedule
Topic 1: What is “creativity” and why it’s necessary - Alternative ideas for familiar things
Topic 2: How to cultivate creativity - Cooking-meal method
Topic 3: What inhibits creativity - Fixation, structural imagination
Topic 4: How to prepare the mind - Classifications: good and bad
Topic 5: Why people miss opportunities - Lost opportunities
Topic 6: How to think productively - Thinking productively vs. reproductively
Topic 7: What is “seeing” and “thinking” - Multiple views and examples
Topic 8: Hands-on creativity Session 1 - Group creativity session
Topic 9: Hands-on creativity Session 2 - Group creativity session
Topic 10: Hands-on creativity Session 3 - Group creativity session
Topic 11: Hands-on creativity Session 4 - Group creativity session
Topic 12: Hands-on creativity Session 5 - Group creativity session
Topic 13: Hands-on creativity Session 6 - Group creativity session
Topic 14: How to share your knowledge
教科書
/Textbook(s)
Handouts will be provided through course Moodle site.
成績評価の方法・基準
/Grading method/criteria
1. Technical report and presentation on “Classification of Objects” (45 points)
2. Technical report and presentation on “Self-reproducing Program” (35 points)
3. Participation in discussions and hands-on creativity sessions (20 points)
履修上の留意点
/Note for course registration
This is an activity based course powered by proactive participation of students.
参考(授業ホームページ、図書など)
/Reference (course
website, literature, etc.)
http://borealis.u-aizu.ac.jp/moodle/


科目一覧へ戻る
開講学期
/Semester
2019年度/Academic Year  3学期 /Third Quarter
対象学年
/Course for;
1年 , 2年
単位数
/Credits
2.0
責任者
/Coordinator
サバシュ バーラ
担当教員名
/Instructor
サバシュ バーラ
推奨トラック
/Recommended track
履修規程上の先修条件
/Prerequisites

更新日/Last updated on 2019/02/22
授業の概要
/Course outline
   The course aims at supporting reliable computations in distributed
   Systems. The course covers web based applications, Internet based applications, APIs and Web as a business model. It includes topics such as, Web
   Services, data recovery and process recovery.
授業の目的と到達目標
/Objectives and attainment
goals
The contents cover methods for supporting reliable computations.
   It includes topics such as, Web Services, data recovery and process recovery
in Large scale distributed Systems.
   This course  puts emphasis on distributed Services. Concepts
   are studied by taking the example cases for analysis.  
授業スケジュール
/Class schedule
1.          Introduction to Web Services
2.          Middleware in Conventional Systems
3.          State Dependency and Architectures
4.          Middle-ware and Integration: Web Services Architecture  
5.          Distributed Operating Systems: Platforms
6.          Fault-tolerance in Distributed Applications
7.          Data Storage Grid
8.          Large Software Systems; System Reliability     
教科書
/Textbook(s)
1.  Web Services - Concepts, Architectures and Applications, by G. Alonso,
      F. Casati, Harumi Kuno, V. Machiraju, Springer- Verlag, 2004.
  2.  Distributed Systems: Concepts and Design, by G. Coulouris, and T.
      Kindberg, Addision Wesley, 5th Edition, 2011.
  3.  Reliable Distributed Systems, Technologies, Web Services and
      Applications, by Ken P. Birman, 2012, Springer.
  4.  Database Systems Concepts, by A. Silberschatz, H.A. Korth,
      and S. Sudershan, 6th Edition, McGrawHill Book Co., 2010.
成績評価の方法・基準
/Grading method/criteria
   - One short quiz  ( 20 points )
   - One examination ( 30 points )
   - Software projects and Class Assignments ( 10 points )
   - Exercises ( 15 points )
履修上の留意点
/Note for course registration
Course requires prior familiarity with Computer Networks and .Courses on :  Operating Systems, Database Systems.
参考(授業ホームページ、図書など)
/Reference (course
website, literature, etc.)
Study material and notes recommended by the instructor(s).
  1.  Web Services - Concepts, Architectures and Applications, by G. Alonso,
      F. Casati, Harumi Kuno, V. Machiraju, Springer- Verlag, 2004.
  2.  Distributed Systems: Concepts and Design, by G. Coulouris, and T.
      Kindberg, Addision Wesley, 4th Edition.
  3.  Reliable Distributed Systems, Technologies, Web Services and
      Applications, by Ken P. Birman, 2009, Springer.
  4.  Database Systems Concepts, by A. Silberschatz, H.A. Korth,
      and S. Sudershan, 5th Edition, McGrawHill Book Co., 2005.


科目一覧へ戻る
開講学期
/Semester
2019年度/Academic Year  2学期 /Second Quarter
対象学年
/Course for;
1年 , 2年
単位数
/Credits
2.0
責任者
/Coordinator
岡 裕之
担当教員名
/Instructor
岡 裕之, 吉岡 廉太郎
推奨トラック
/Recommended track
履修規程上の先修条件
/Prerequisites

更新日/Last updated on 2019/02/07
授業の概要
/Course outline
IT技術の開発、ビジネスの推進に必要不可欠な知的財産権の保護、管理、活用を、具体的な事例を用いて基礎から分かりやすく説明する。

知的財産とは何か、日本や海外における知的財産制度やその活用状況はどのようなものか、企業や大学ではどのように知的財産を活用しているかを概観する。

知的財産の中でも、研究開発成果の保護の観点から、最も重要である特許制度について重点的に説明を行う。知識の習得だけではなく、特許出願書類の作成方法、特許情報などの調査手法などの実践的な内容についても扱う。

特許以外にも、実用新案制度、意匠制度、商標制度、著作権制度、不正競争防止法などによる知的財産の保護についても扱う。

グローバル企業におけるオープンクローズ戦略などの知財戦略、大学における知的財産権の取得、管理、活用など、産業界や学術界における知的財産権の用いられ方についても具体的事例を用いて説明する。

近年、注目を集めているIoT、AI、学習済みデータ、コンピュータソフトウェア、コンピュータプログラム、ビジネス方法に関する発明の知的財産権による保護の在り方、コンピュータプログラムを保護し得る著作権についても講義を行う。
授業の目的と到達目標
/Objectives and attainment
goals
①  企業や大学の技術者として求められる知的財産に関する各種の法制度や各国の状況などの基礎的な知識を、広範に習得することができる。
②  オープンクローズ戦略、ライセンス契約、権利侵害訴訟など、グローバル企業や大学における知的財産権の取得、管理、活用の考え方を理解できる。
③ IT企業や大学におけるAI、IoT、学習済みデータ、ソフトウェア、ビジネス方法の研究から創出される発明や著作権などの知的財産権の保護と活用について、応用知識を習得できる。
④ アイディアの着想から特許出願、特許権取得までのプロセスを理解し、知的財産権の権利化を実現し得る実務能力を習得できる。
⑤  権利化のポイントを押さえた特許明細書の書類作成手法、特許をはじめとした各種知的財産権の効率的な調査手法を習得できる。
授業スケジュール
/Class schedule
第1回 知的財産の基礎
 
第2回 特許制度(1)特許制度の概要

第3回 特許制度(2)特許出願の出願書類の記載要領
 
第4回 特許制度(3)特許要件と特許審査

第5回 特許制度(4)権利行使と権利活用

第6回 実用新案制度、意匠制度、商標制度

第7回 外国での権利取得と権利活用

第8回 特許調査
     (第1回レポート課題の提示)

第9回 著作権制度(外部講師による特別講義)

第10回 ソフトウェアとビジネス方法の特許による保護

第11回 不正競争防止法

第12回 企業と大学における知財保護と活用

第13回 AI、IoT、学習済みデータの知的財産による保護(外部講師による特別講義)

第14回 知的財産制度のまとめ
(第2回レポート課題の提示)
教科書
/Textbook(s)
配布資料は、原則として授業中に配布する。
成績評価の方法・基準
/Grading method/criteria
各講義で実施する演習(70%)、全2回のレポート課題(30%)などで評価する。
履修上の留意点
/Note for course registration
知的財産に関する包括的な知識の習得をステップバイステップで行うため、各講義では異なる内容を扱う。各講義で演習、所定の講義でレポートの課題提示などを行うため、欠席は極力避ける。事前の届け出を条件に、やむを得ない場合には、小テストなどの事後提出を求め成績への反映を考慮する。
参考(授業ホームページ、図書など)
/Reference (course
website, literature, etc.)
実務経験あり(岡):特許庁に16年間勤務し、無線通信技術などの特許審査に従事してきた。この経験をもとに、知的財産について教授する。

①「これからの知財入門」 国立大学法人 山口大学 大学研究推進機構 知的財産センター、日経BP社、ISBN 978-4-8222-3642-7、定価(本体1500円+税)

②「改訂版 大学と研究機関のための知的財産教本」 監修:山口大学知的財産本部、株式会社EMEパブリッシング、ISBN 978-4-902238-20-4、定価(本体2500円+税)

③「企業活動と知的財産 なぜ今、知的財産か」 重田 暁彦、日本パテントデータサービス株式会社、ISBN 978-4-9904633-1-1、定価(本体1000円+税)


科目一覧へ戻る
開講学期
/Semester
2019年度/Academic Year  4学期 /Fourth Quarter
対象学年
/Course for;
1年 , 2年
単位数
/Credits
2.0
責任者
/Coordinator
デボプリオ ロイ
担当教員名
/Instructor
デボプリオ ロイ
推奨トラック
/Recommended track
履修規程上の先修条件
/Prerequisites

更新日/Last updated on 2019/02/14
授業の概要
/Course outline
The unique feature and attractiveness of this course is collaboration on content management with fellow graduate students from a premier German university (Karlsruhe University of Applied Sciences, Germany).

This technical writing course is designed to walk you through the complete product development life-cycle for the 3D printing and design process. Students will learn audience and task analysis to start with. They will then start mastering the art of creating product designs using different CAD software, and 3D scanning tools/apps for prototyping purposes; and simultaneously developing the online technical documentation processes including writing learning objectives, and developing the fundamental structure of a production and sales system pertaining to 3D printing businesses. Further, students will gain expertise in writing and designing for online rhetorical presentations. They will also learn about online delivery techniques and evaluation procedures, including content management and delivery pertaining to 3D printing processes. In addition to focusing on clear,
concise, effective writing and user-friendly design, this course also
highlights on students' ability to function as a productive member of an international and cross-cultural team.
授業の目的と到達目標
/Objectives and attainment
goals
1. The student should be able to write and design in any instructional
context.

2. Develop and understand various strategies for planning, researching,
drafting, revising, and editing documents that respond effectively and
ethically to instructional situations.
A.Developing, writing, and editing material for online courses concerned
with application software, work methods, theories and procedures
B.Observing production, developmental, and experimental activities to
determine best
operating practices and proper use of online courses
C.Reviewing design documents, client-submitted requests, drawings, and
other data relative to operation, maintenance, and use of online courses.
D.Organizing material and completes writing assignments according to set
standards regarding order, clarity, conciseness, style, and terminology

3. Able to communicate and collaborate with real client and industry
professionals on multiple issues of technical documentation.

4. Learn and apply strategies for effective group collaboration and project
management.

5. Understand and use various research methods for document testing and
delivery.

6. Develop strategies for using and adapting various communication
technologies for projects.

7. Learn to argue with visual data, understanding and implementing
principles of document design.
授業スケジュール
/Class schedule
QUARTERLY SYSTEM SCHEDULE:

Week # 1: Introduction to Technical Communication / Response Paper 1
Week # 2: Introduction to Concepts in 3D Printing / Response Paper 2
Week # 3: CAD Prototyping and Design Fundamentals for 3D Printing / Response Paper 3
Week # 4: LEGO Prototyping and 3D Scanning / Response Paper 4
Week # 5: Technical Presentations Design and 3D Printing Industry / Response Paper 5
Week # 6: Usability Testing with 3D Printing Tools / Response Paper 6
Week # 7: Content Management and Delivery with 3D Printing / Response Paper 7- FINAL PROJECT with HSKA, Germany

教科書
/Textbook(s)
No specific textbook. Lecture notes will be posted on the course website.

Reference Text:  

The 3D Printing Handbook: Technologies, design, and applications (English Edition)
成績評価の方法・基準
/Grading method/criteria
believe that students can motivate themselves best when there is real life experience involved in the process of learning. The grading for workshops and projects are based on a number of criteria.
1. Organization
2. Content Quality.
3. Layout
4. Formatting.
5. Visual Design
6. Production and Print Quality
7. Incorporating Feedback from Industry Professional or Client
8. Group Collaboration

* Everything you do in this course will be part of a single group, and all the assignments from Week 2 - 6 will be uploaded and showcased in a professional looking website which will be accessed by HSKA students.

** You will design a home page on 3D Printing and Technical Writing and then every week will have a title link and the assignment will be uploaded on the website.




Major Assignments:
Response Papers & International Collaboration - 100% TOTAL

1st Response Paper: 10%

2nd Response Paper: 15%

3rd - 6th Response Paper: 45%

Cooperation with HSKA, Germany: 30%

履修上の留意点
/Note for course registration
High TOEIC Score &/OR Experience with different projects
参考(授業ホームページ、図書など)
/Reference (course
website, literature, etc.)
Reference Books:
3D Printers: A Beginner's Guide (Fox Chapel Publishing) Learn the Basics of 3D Printing Construction, Tips & Tricks for Data, Software, CAD, Error Checking, and Slicing, with More Than 100 Photos - Oliver Bothmann

Lecture notes on technical communication will be handed out.


科目一覧へ戻る
開講学期
/Semester
2019年度/Academic Year  4学期 /Fourth Quarter
対象学年
/Course for;
1年 , 2年
単位数
/Credits
2.0
責任者
/Coordinator
エフゲニー ピシキン
担当教員名
/Instructor
エフゲニー ピシキン
推奨トラック
/Recommended track
履修規程上の先修条件
/Prerequisites

更新日/Last updated on 2019/01/25
授業の概要
/Course outline
This course is focused on the questions why do many different software paradigms exist and how they can cooperate in software design.

The course is oriented to software engineering students that want to understand better the difference between programming paradigms and practical approaches. Main software engineering principles are exposed in connection to the practical tasks and subject domains.
授業の目的と到達目標
/Objectives and attainment
goals
After course completion the students will have the following learning outcomes:

- Understanding particularities of major software development paradigms, their connection and their mutual dependencies.
- Understanding of major software engineering principles and methods and their implementation.
- Ability to critique the study, creation and application of software development and quality assurance methods.
- Ability to compare and contrast different development models and methodologies.
- Ability to create and use of object-oriented models in software design.
- Understanding of multi-paradigm approach.
- Knowledge of emerging computing paradigms.
- Ability to define, describe and use design patterns in software development.
- Understanding connections of software design with liberal arts within the framework of multi-disciplinary research.
- Presentation skills during foresight and discussion sessions.
授業スケジュール
/Class schedule
Class 1-2.
Methodology gaps in software engineering and in software education.  Paradigm: the meaning. Languages as models.
Software Complexity. Contemporary computing agenda and computing paradigms. Software development philosophies.
Exercise (case study): Programming language using and development trends. Why do new languages appear?

Class 3-4.
Software paradigms and software reuse.
Exercise (research problem): Software reuse taxonomy analysis.

Class 5-6.
Introduction to paradigms. Problem paradigms.
Exercise: Concurrent vs Sequential.

Class 7-8.
Programming paradigms: imperative, structural, object-oriented, functional, logic, others. Connections to computer architectures. Language implementations. Multi-paradigm approach. Type systems, multi-language development.
Exercise (case study): Encapsulation and information hiding.

Class 9-12
Introduction to the object-oriented analysis and design. UML: usage aspects, historical overview, language structure. UML meta-model specification. Software design based on components reuse. Objects structures. Introduction to design patterns. GoF patterns.

Class 13-14
Understanding software as art and engineering.
Exercises (case study): preparation the individual case study and the presentation.

教科書
/Textbook(s)
1. Kaiser S. Software Paradigms. Wiley, 2005.
2. Sommerville I. Software Engineering, 10th ed. Pearson Education Limited, 2015.
3. Braude E.J., Bernstein M. Software Engineering: Modern Approaches. Waveland Press, Inc.; 2 edition, 2016.
成績評価の方法・基準
/Grading method/criteria
The final grade will be calculated based on the following weights:

Self work and exercises – 25%
Team work, test questions and quizzes in lecture time – 35%
Final presentation and discussion – 40%
履修上の留意点
/Note for course registration
For this course we expect that students have good understanding programming fundamentals and experience of using at least one general purpose language, have knowledge of data structures analysis and algorithms and learned software engineering fundamentals.

The course language is English.
参考(授業ホームページ、図書など)
/Reference (course
website, literature, etc.)
The course instructor Prof. Evgeny Pyshkin has working experiences in software design, development, QA and tech writing. He worked as a software engineer for St. Petersburg Polytechnic University and participated in software projects with Spectrasize (Switzerland) as a developer, tech writer and project manager.

Course web page: https://web-int.u-aizu.ac.jp/~pyshe/courses/sdp

Books and Papers

1. Brooks F. The Mythical Man-Month. Essays on Software Engineering. Anniversary Edition. Addison-Wesley, 1995.
2. Ghezzi C., Jazayeri  M., Mandrioli D. Fundamentals of Software Engineering. 2nd Ed. Prentice Hall, 2003.
3. Wiegers K. Sotware Requirements. 2nd ed. Microsoft Press, 2003.
4. Fowler M., Beck K. Refactoring. Improving the Design of Existing Code, Addison Wesley, 2000.
5. Beck K. Test-driven Development by Example. Addison-Wesley Professional, 2002.
6. Larman C. Applying UML and Patterns. An Introduction to Object-Oriented Analysis and Design and Iterative Development. Prentice Hall, 2005.
7. Gamma E., Helm R., Johnson R., Vlissides J. Design Patterns. Elements of Reusable Object-Oriented Software. Addison-Wesley, 1995.
8. Ambler S.W. The Object Primer. 3rd edition. Agile Model Driven Development with UML 2. Cambridge University Press, 2004.
9. Kerievski J. Refactoring to Patterns. Addison-Wesley, 2005.
10. McConnell S. Code Complete. 2nd Ed. Microsoft Press, 2004.
11. Martin R. Clean Code: A Handbook of Agile Software Craftsmanship. Prentice Hall, 2008.
12. Meyer B. Touch of Class, Springer, 2010.
13. Meszaros G. xUnit Test Patterns: Refactoring Test. Addison-Wesley, 2007.
14. Wiegers K. More About Software Requirements: Thorny Issues and Practical Advice, 2005.
15. Duvall P., Matyas S., Glover A. Continuous Integration: Improving Software Quality and Reducing Risk. Addison-Wesley, 2007.

Useful Web Sources
1. Comparing Software Development Paradigms, January 24, 2014”: http://scottambler.com/backup_muse/comparing-software-development-paradigms.html
2. Computer Science at the University of St-Andrew: Ian Sommerville’s Page:/ http://www.cs.st-andrews.ac.uk/~ifs/
3. CS5707 - Software Development Paradigms Course at the University of Limerick: http://www.csis.ul.ie/coursemodule/CS5707  
4. UML Resource Page: http://www.uml.org
5. Introduction to Object Orientation and UML: http://www.agiledata.org/essays/objectOrientation101.html
6. Patterns and Best Practices for Enterprise Integration: http://www.eaipatterns.com/


科目一覧へ戻る
開講学期
/Semester
2019年度/Academic Year  後期集中 /2nd Semester Intensi
対象学年
/Course for;
1年 , 2年
単位数
/Credits
1.0
責任者
/Coordinator
桜木 君枝(東洋紡)
担当教員名
/Instructor
推奨トラック
/Recommended track
履修規程上の先修条件
/Prerequisites

更新日/Last updated on 2019/03/11
授業の概要
/Course outline
*Lectures will be given in Japanese.
「企業における倫理課題
 ~コーポレートガバナンス/CSR/コンプライアンス~」
(「会社とは何か」「会社は誰のものか」「会社は誰のためのものか」)

 金融危機に端を発した経済不況とその回復、東日本大震災、グローバル化やITの進展等、企業を取り巻く環境は大きく変化し、それは雇用問題や環境・資源問題、サプライチェーンや地域との関係性のあり方等の企業活動に大きな影響を与えている。その一方で、粉飾決算、リコール隠蔽、目先の利益重視による安全・安心の軽視等、相変わらず企業不祥事は後を絶たない。
 そのような状況の中で、従業員・株主・顧客・消費者・地域社会等、企業を取り巻くステークホルダー(利害関係者)の意識もここ数年で大きく変わってきており、企業の存在意義そのものが問われる時代になってきた。
 企業を取り巻く環境変化とはどのようなものか、その環境変化に対して、企業はどのように対応しようとしているか。企業が社会に存在する目的、その目的を実現するための「企業統治(コーポレートガバナンス)」や「企業倫理・コンプライアンス」等の経営管理システム、また、企業側の問題意識や社内制度の変化、企業が取り組んでいる施策と課題等、企業の現場の最前線の状況を踏まえながら、法的・社会的な側面から「会社」について理解する。
授業の目的と到達目標
/Objectives and attainment
goals
・「会社」とは何か、会社法と経営管理の側面からの基本項目が理解できる。
・「ステークホルダー(利害関係者)」や社会との関連において「会社」を考察し、その存在意義を理解できる。

授業スケジュール
/Class schedule
Ⅰ 企業を取り巻く環境変化
   ・企業を取り巻く環境変化の内容
   ・続発する企業不祥事
   ・企業不祥事を生む原因
   ・企業不祥事をどう防止するか
   ・「ステークホルダー(利害関係者)」の意識変化と「トリプルボトムラ 
   イン」
   ・「会社は誰のものか」「会社は誰のためのものか」
Ⅱ 「会社」と「企業統治(コーポレートガバナンス)」
   ・「会社」とは何か
   ・「企業統治(コーポレートガバナンス)」とは何か
   ・米国・欧州・日本の「企業統治」
Ⅲ 「会社法」と「内部統制」
   ・「商法」から「会社法」へ
   ・「金融商品取引法」と「内部統制」
   ・情報開示
   ・「会社法」を巡る動き
   ・ソフトローによるコーポレートガバナンス強化の動き
     「スチュワードシップ・コード」、「コーポレートガバナンス・コード」
Ⅳ 「企業倫理」と「コンプライアンス」
   ・「企業倫理」「コンプライアンス」とは
   ・J&Jの「Oure Cred(我が信条)」
   ・「公益通報者保護法」と内部通報制度
Ⅴ 
1. 「CSR(Corporate Social Responsibility)」と「CSV(Creating   
    Shared Value)」、そして「SDGs」へ
   ・「CSR」とは何か
   ・「CSR」と「CSV」
   ・「SDGs」の新潮流へ
2.企業評価の新しいものさし
・SRI(Socially Responsible Investment)
・ESG投資
   ・新しい情報開示の流れ「統合報告書」(Integrated Report)
Ⅵ 企業におけるその他の倫理課題
  ・環境問題
  ・働き方改革
    (ダイバーシティ、男女共同参画、ワークライフバランス、パワーハ
ラスメント、セクシャルハラスメント、メンタル疾病、障害者雇用、高齢者雇用、雇用形態の多様化、裁量労働制等)
Ⅶ ケースメソッド
  ・2〜3の事例を通して、ステークホルダーとの関連における経営の意
思決定とはどのようなものかを考える
教科書
/Textbook(s)
資料を配布します。
成績評価の方法・基準
/Grading method/criteria
・授業での質疑応答、ケースメソッドでの貢献度 50%
・授業終了後のレポート(A4 1〜2枚程度)   50%
以上を総合的に判断します。
履修上の留意点
/Note for course registration
-
参考(授業ホームページ、図書など)
/Reference (course
website, literature, etc.)
実務経験あり:(株)ベネッセホールディングスに38年間勤務し、5年間にわたり企業倫理・コンプライアンス分野の責任者を務め、また常勤監査役として16年間にわたりコーポレートガバナンスに携わってきた。これらの経験をもとに、「会社と社会」の観点から、コーポレートガバナンス、企業倫理・コンプライアンス等について教授する。


このページの内容に関するお問い合わせは学生課 教務係までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス:sad-aas@u-aizu.ac.jp