2020年度 シラバス大学院

セミナー科目

2020/08/03  現在

科目一覧へ戻る
開講学期
/Semester
2020年度/Academic Year  2学期 /Second Quarter
対象学年
/Course for;
1年 , 2年
単位数
/Credits
2.0
責任者
/Coordinator
- -
担当教員名
/Instructor
- -
推奨トラック
/Recommended track
履修規程上の先修条件
/Prerequisites

更新日/Last updated on 2020/02/04
授業の概要
/Course outline
工房によって異なります。
下記URLを参照してください
http://www.u-aizu.ac.jp/graduate/curriculum/guide/seminar-cis.html#CFS
授業の目的と到達目標
/Objectives and attainment
goals
工房によって異なります。
下記URLを参照してください
  http://www.u-aizu.ac.jp/graduate/curriculum/guide/seminar-cis.html#CFS
授業スケジュール
/Class schedule
工房によって異なります。
下記URLを参照してください
http://www.u-aizu.ac.jp/graduate/curriculum/guide/seminar-cis.html#CFS
教科書
/Textbook(s)
工房によって異なります。
成績評価の方法・基準
/Grading method/criteria
ポスターセッション等


科目一覧へ戻る
開講学期
/Semester
2020年度/Academic Year  2学期 /Second Quarter
対象学年
/Course for;
1年 , 2年
単位数
/Credits
2.0
責任者
/Coordinator
ロイ デボプリオ
担当教員名
/Instructor
ロイ デボプリオ
推奨トラック
/Recommended track
履修規程上の先修条件
/Prerequisites

更新日/Last updated on 2020/02/04
授業の概要
/Course outline
Course Outline:
Oral technical presentations are an essential part of communicating research results to a scientific audience and represent an important aspect of being a professional researcher. The overall aim of this training is to present strategies and techniques for giving a successful talk at an international scientific conference.

This class is designed to give you training and experience in delivering effective oral presentations in various industrial and project application settings in the computer and other technical industries such as robotics, automobile, electronics, IoT, 3D Printing etc. It is intended for students who have little or no experience giving formal presentations in English. In addition to focusing on the content, structure and delivery of oral presentations, we will highlight certain aspects of public speaking, including pronunciation, volume, intonation and gestures, to help improve your overall presentation skills. We will also discuss how to make PowerPoint presentations, including slide design, content presentation, critical thinking about audience perception etc.

In particular you will learn:
1. How to prepare and structure an oral presentation
2. How to define presentation aims
3. How to make yourself understood
4. How to use presentation tools and media effectively
5. How to prepare for and respond on questions from the audience.

The training consists of theoretical inputs, exercises, best-practice examples, feedback and discussions. The focus, however, will be on practical exercises. With the help of video training, you will get the chance to improve content, structure, speech and body-language. After the training, you know how to give convincing presentations at an academic meeting/conference. You are prepared to set up and give your own presentation, be a more confident speaker, and know how to reduce stage fright. Ideally, you attend this training while preparing for an upcoming scientific meeting/conference that you will attend.

Content
• Benefits and challenges of oral presentations
• Planning, preparing and structuring the presentation
• Defining your presentation audience, aims and key message
• Use of verbal language and body language
• Use of media and visuals (beyond Powerpoint)
• Rehearsing, revising and improving the presentation
• Dealing with questions, discussions and feedback
• How to avoid common mistakes?
授業の目的と到達目標
/Objectives and attainment
goals
Objective and attainment goals:
Successful participation in this course will result in:
• Practice analyzing the structure, content and delivery of different types of oral presentations.
• Experience planning, organizing, and delivering oral presentations.
• Improved awareness of your verbal and non-verbal communication skills.
• Strategies and techniques for designing effective PowerPoint presentations.
• Strategies and techniques for handling audience questions and comments
• A video archive of your presentations with instructor feedback
• Exposure to useful resources available for ongoing self-improvement.
授業スケジュール
/Class schedule
Class schedule:
Week#1:
General Introduction: Aims of course. Evaluation procedure
Overview of oral presentations: Importance of oral presentations; Types of oral presentations.
Effective presentation skills; experiencing the problems in talking in front of the audience; understanding body language
*Introductory assignment on strategies for oral presentations

Week#2:
Considerations when preparing an oral presentation – audience, purpose, organization, flow, style
Sales presentations; Technical presentations
*Assignment on designing technical presentations

Week#3:
Using Action Verbs in corporate presentations
Presentation delivery approaches
Importance of visual aids and problems with using slides
*Assignment on Designing slides with action verbs

Week#4:
Language of presentation / Silicon Valley based Ideas for Technical Presentation
Slide design – design of visuals, text-graphics coordination, titles, headings, color schema, highlighting
Designing demonstrative, procedural, informative presentations
*Technical presentation assignment (20 minutes including Q&A); review and analysis; responding to audience queries

Week#5:
*Demonstrative presentations assignment (20 minutes including Q&A); review and analysis; responding to audience queries

Week#6:
*Procedural presentation assignment (20 minutes including Q&A); review and analysis; responding to audience queries

Week#7:
*Informative presentation assignment on an industry application; review and analysis; responding to audience queries





教科書
/Textbook(s)
Reference Textbook:
Designing Science Presentations: A Visual Guide to Figures, Papers, Slides, Posters, and ore Paperback – February 13, 2013 - MARK CARTER

成績評価の方法・基準
/Grading method/criteria
Grading Method / criteria:
➢ Introductory assignment on strategies for oral presentations – 10%
➢ Assignment on designing technical presentations – 10%
➢ Assignment on designing slides with action verbs – 10%
➢ Technical presentation assignment – 10%
➢ Demonstrative presentation assignment – 10%
➢ Procedural presentation assignment – 10%
➢ Informative presentation assignment – 10%
➢ Technical presentation assignment on 3D Printing and Design – 20%
➢ Peer review assignment (2 other presentations in class)– 10%

Criteria:
➢ In-class participation and attendance will be recorded
➢ All presentations must be completed as per instructions and posted in the learning management system
➢ Asking questions and responding to queries during class presentations is vital and will be actively counted towards class participation.

Detailed assessment methods will be discussed in class.
履修上の留意点
/Note for course registration
Moderate English language proficiency is required to register for this course.
参考(授業ホームページ、図書など)
/Reference (course
website, literature, etc.)
ALL REFERENCE MATERIALS WILL BE POSTED IN SCHOOLOGY.


科目一覧へ戻る
開講学期
/Semester
2020年度/Academic Year  その他 /Others
対象学年
/Course for;
1年 , 2年
単位数
/Credits
2.0
責任者
/Coordinator
- -
担当教員名
/Instructor
- -
推奨トラック
/Recommended track
履修規程上の先修条件
/Prerequisites

更新日/Last updated on 2020/02/04
授業の概要
/Course outline
学生は、次の実績をもってセミナー科目の単位を修得することができる。

1. 学術論文誌掲載(筆頭著者であること)
2. 会議・研究会等(本学が単独で主催するものを除く)での口頭発表、ポスター発表者であること。この場合、筆頭著者である必要はない。

なお、査読付きの学術論文誌掲載、査読付きの会議・研究会における発表は1回、査読なしの学術論文誌掲載又は会議・研究会は2回の発表を単位修得の要件とする。
学生は、外部発表セミナー報告書を作成し、掲載論文誌・会議の情報(プログラム、会議論文集等)、採択通知(査読付きの場合)、掲載論文、発表に用いた資 料(スライドなど)等の写しを添えて提出しなければならない。査読付き論文の場合は、掲載前であっても採択通知の提出があれば報告書を提出することができる。
単位申請(報告書の提出)は通年受付ける。単位の修得学期は、教務委員会が承認した日が属する学期の成績確定日とし、成績は一律に"A"とする。なお、学生による履修登録手続きは必要ない。
当該科目による単位修得は、在学中一回のみとする。

本セミナーによる単位修得が、修士修了判定に関わる場合であり、かつ実際の外部発表が、修士修了判定以前に行われ、外部発表セミナー報告書を提出することが出来る場合に限り、事前に単位申請をすることができる。本適用を受ける者は、外部発表セミナー事前申請書を作 成し、当該発表の開催日、内容等が分かる資料(開催プログラム、登録受付け証など)を添えて研究科長に提出すること。また、発表後速やかに外部発表セミ ナー報告書を提出すること。

なお、最新情報は下記リンクも併せて確認してください。
http://www.u-aizu.ac.jp/graduate/curriculum/guide/seminar-cis.html#EPS
授業の目的と到達目標
/Objectives and attainment
goals
-
授業スケジュール
/Class schedule
-
教科書
/Textbook(s)
-
成績評価の方法・基準
/Grading method/criteria
-


科目一覧へ戻る
開講学期
/Semester
2020年度/Academic Year  その他 /Others
対象学年
/Course for;
1年 , 2年
単位数
/Credits
3.0
責任者
/Coordinator
- -
担当教員名
/Instructor
- -
推奨トラック
/Recommended track
履修規程上の先修条件
/Prerequisites

更新日/Last updated on 2020/02/04
授業の概要
/Course outline
学生が必要な関連分野の技術論文や文献を読み、知識を深めることを目的とする。学生はその文献から得た知識を発表し、それに対して質疑応答(輪講形式)を行うことで、より一層知識を深めることができる。他のアリーナの学生はもちろんのこと専攻や学年を問わず参加できるオープンな形態で実施する。

なお、最新情報は下記リンクも併せて確認してください。
http://www.u-aizu.ac.jp/graduate/curriculum/guide/seminar-its.html#ES
授業の目的と到達目標
/Objectives and attainment
goals
-
授業スケジュール
/Class schedule
開催数: 2年間で12回を目安とする。
時間割: 担当教員、ITスペシャリストコースの学生の予定を調整して設定する。調整可能な限り他のアリーナと合同で開催する。
教科書
/Textbook(s)
-
成績評価の方法・基準
/Grading method/criteria
博士前期課程在学中に12回の出席及び2回の発表を単位修得の要件とし、指導教員が評価票に従って評価し、研究科長に提出する。


科目一覧へ戻る
開講学期
/Semester
2020年度/Academic Year  通年 /Yearlong
対象学年
/Course for;
1年 , 2年
単位数
/Credits
2.0
責任者
/Coordinator
程 子学
担当教員名
/Instructor
程 子学, 荊 雷, 光永 祐司
推奨トラック
/Recommended track
履修規程上の先修条件
/Prerequisites

更新日/Last updated on 2020/01/31
授業の概要
/Course outline
このコースでは、グローバルビジネスのスタートアップに必要な基本的な知識を紹介し、オープンイノベーション環境でさまざまなアイデア発想やプロトタイプを体験する機会を学生に提供する。

さらに、このコースではシリコンバレーやベンチャースタートアップの経験など、ICTの先進分野の動向を知る機会を提供します。
授業の目的と到達目標
/Objectives and attainment
goals
学生は、まず、ICT先進地であるシリコンバレーの経営者・技術者からその動向、仕組み、経験を学び、グローバルベンチャー起業・グローバルビジネスの意義、アプローチなどを考えるきっかけを得る。
科目を学んだ後に、次のことを身につけることができる。
・ICT先進地によく使われる問題解決手法や新しいプロダクトの開発法を学ぶことができる。その主要な内容としてデザイン思考に基づいた開発手法を学び、将来グローバルビジネスに携わる基礎を身に付けることができる。
・グローバルニーズを意識したアイディアの創出法を体験することができる。
・プロトタイプを開発し、グローバルビジネスを展開するためにビジネスプランを作成する方法を身に付けることができる。
授業スケジュール
/Class schedule
前半:最初の6回の講義は8月頃の週に集中的行われます
1 コースの概要:グローバルベンチャーとは何ですか?
2 シリコンバレーが世界の注目を集めたのはなぜですか?
     シリコンバレーの紹介
3 開発方法、アイデアの作成、ユーザーのニーズを発見する
4  グローバルベンチャーに必要な技術(シリコンバレーからの遠隔講義3回)。例、インターネットロボット。

後半:12月~1月前後に2日の集中講義(8コマ)で行われる
5 デザイン思考とビジネスモデル

登録者と講師の時間調整を行う予定である。
教科書
/Textbook(s)
各講師が用意するプリント、Web page等
成績評価の方法・基準
/Grading method/criteria
・講義の際のクイズ解答、ディスカッションなどの活動への参加 30%
・デザイン思考講座でのプレゼンテーション 70%
履修上の留意点
/Note for course registration
日本のみならず、世界を見るグローバルな視点と気持ちを持つこと。海外とくにICT先進地のシリコンバレー、大連、深センなどに関するニーズを普段から留意すること。
*本科目は、海外研修プログラムとの連携を図り、2週間程度のシリコンバレーインターンシップを実施する。必須ではないが、習ったことを試すために、参加への応募を勧める。


科目一覧へ戻る
開講学期
/Semester
2020年度/Academic Year  集中 /Intensive course
対象学年
/Course for;
2年
単位数
/Credits
2.0
責任者
/Coordinator
- -
担当教員名
/Instructor
- -
推奨トラック
/Recommended track
履修規程上の先修条件
/Prerequisites

更新日/Last updated on 2020/02/04
授業の概要
/Course outline
研究進捗セミナーの履修を選択する者は、2 学期または 3 学期いずれかの時期に、指導教員を通じて履修を申請する。
学生は、これまでの研究進捗及び今後の予定を踏まえ、修士論文の概要 (synopsis) 及びプレゼンテーション資料を作成し、事前に指導教員の内容確認及び了承を得たうえで発表をおこなう。また、他の学生の研究企画発表や研究進捗発表を聴講し、質疑 する。学生の発表、質疑応答は英語を使用する。研究指導教員は、当該学生の発表に出席し、審査委員 2 名とともに評価を行う。
研究進捗セミナーの実施及び評価の方法について [学内アクセスのみ]
http://web-int.u-aizu.ac.jp/official/faculty/sad/RPPSguide_j.html

※英語でプレゼンテーションを行うスキルを身につけ、効果的な発表ができるように、「EFP 理系のためのプレゼンテーションセミナー」 (Q2開講)を受講することを推奨する。/seminar-cis.html#RPS2</a>
授業の目的と到達目標
/Objectives and attainment
goals
-
授業スケジュール
/Class schedule
-
教科書
/Textbook(s)
-
成績評価の方法・基準
/Grading method/criteria
-


科目一覧へ戻る
開講学期
/Semester
2020年度/Academic Year  通年 /Yearlong
対象学年
/Course for;
1年 , 2年
単位数
/Credits
2.0
責任者
/Coordinator
李 鵬
担当教員名
/Instructor
程 子学, 李 鵬, ロイ デボプリオ, コーエン マイケル
推奨トラック
/Recommended track
履修規程上の先修条件
/Prerequisites

更新日/Last updated on 2020/01/29
授業の概要
/Course outline
This course provides a general way of writing research papers targeted at top journals in computer science and engineering disciplines mainly for PhD candidates and Master students.
授業の目的と到達目標
/Objectives and attainment
goals
The students will learn the methods and skills in each step of the whole process in publishing a research paper from survey, preparation, writing, polishing, submission, review response, rebuttals, revisions, and publications.
授業スケジュール
/Class schedule
Session 1: introduction
Session 2: literature Survey
Session 3: paper structure & organization
Session 4: scientific expression
Session 5: paper formatting tools
Session 6: paper submission
Session 7: revision & rebuttal
Session 8: invited talk by PhD student
Session 9: invited talk by conference chair
Session 10: invited talk by journal editor
Session 11: student presentation
Session 12: student presentation
Session 13: panel talk
Session 14: panel talk
教科書
/Textbook(s)
None
成績評価の方法・基準
/Grading method/criteria
Class activities: 50%
Paper draft: 50%


科目一覧へ戻る
開講学期
/Semester
2020年度/Academic Year  通年 /Yearlong
対象学年
/Course for;
1年
単位数
/Credits
2.0
責任者
/Coordinator
- -
担当教員名
/Instructor
- -
推奨トラック
/Recommended track
履修規程上の先修条件
/Prerequisites

更新日/Last updated on 2020/02/04
授業の概要
/Course outline
年次の最初の学期に該当する研究セミナーを履修登録し、学年末に成績評価をする。
履修登録は学生課が代行して行う。
学生はセミナーの実施内容について、学年末に研究セミナー報告書を提出する。成績は、年間を通じた研究活動、所属する研究室でのゼミ活動や発表、研究企画発表等をもとに、研究指導教員が学年末に評価する。

「研究企画発表」について
学生は1年次に研究企画発表を必ず実施し、合格しなければならない。春季入学生は2学期に、秋季入学生は3学期にそれぞれ指定された日程に発表を行う。
研究企画発表の実施にあたり、学生は2年間の研究企画書を作成・発表し、発表後は研究企画発表実施報告書を作成する。 また、他の学生の企画発表や上位学年の進捗発表を聴講し、質疑する。学生の発表、 質疑応答には原則として英語を使用すること。 配属学生を持つ研究指導教員は、原則として当該学生の発表に出席し、審査担当に任命された教員2名とともに評価を行う。
研究企画発表の実施及び評価の方法について [※学内アクセスのみ]
http://web-int.u-aizu.ac.jp/official/faculty/sad/RPSguide_j.html

※英語でプレゼンテーションを行うスキルを身につけ、効果的な発表ができるように、「EFP 理系のためのプレゼンテーションセミナー」 (Q2開講)を受講することを推奨する。

なお、最新情報は下記リンクも併せて確認してください。
http://www.u-aizu.ac.jp/graduate/curriculum/guide/seminar-cis.html#RS
授業の目的と到達目標
/Objectives and attainment
goals
-
授業スケジュール
/Class schedule
-
教科書
/Textbook(s)
-
成績評価の方法・基準
/Grading method/criteria
-
履修上の留意点
/Note for course registration
-
参考(授業ホームページ、図書など)
/Reference (course
website, literature, etc.)
-


科目一覧へ戻る
開講学期
/Semester
2020年度/Academic Year  通年 /Yearlong
対象学年
/Course for;
2年
単位数
/Credits
2.0
責任者
/Coordinator
- -
担当教員名
/Instructor
- -
推奨トラック
/Recommended track
履修規程上の先修条件
/Prerequisites

更新日/Last updated on 2020/02/04
授業の概要
/Course outline
最初の学期に履修登録し、学年末に成績評価をする。履修登録は学生課が代行して行う。
学生はセミナーの実施内容について、学年末に研究セミナー報告書を提出する。成績は、年間を通じた研究活動、所属する研究室でのゼミ活動や発表等をもとに、研究指導教員が学年末に評価する。  

なお、最新情報は下記リンクも併せて確認してください。
http://www.u-aizu.ac.jp/graduate/curriculum/guide/seminar-cis.html#RS
授業の目的と到達目標
/Objectives and attainment
goals
-
授業スケジュール
/Class schedule
-
教科書
/Textbook(s)
-
成績評価の方法・基準
/Grading method/criteria
-


科目一覧へ戻る
開講学期
/Semester
2020年度/Academic Year  その他 /Others
対象学年
/Course for;
1年
単位数
/Credits
4.0
責任者
/Coordinator
- -
担当教員名
/Instructor
- -
推奨トラック
/Recommended track
履修規程上の先修条件
/Prerequisites

更新日/Last updated on 2020/02/04
授業の概要
/Course outline
年次の最初の学期に該当する研究セミナーを履修登録し、学年末に成績評価をする。
履修登録は学生課が代行して行う。
学生はセミナーの実施内容について、学年末に研究セミナー報告書を提出する。成績は、年間を通じた研究活動、所属する研究室でのゼミ活動や発表、研究企画発表等をもとに、研究指導教員が学年末に評価する。

「研究企画発表」について
学生は1年次に研究企画発表を必ず実施し、合格しなければならない。春季入学生は2学期に、秋季入学生は3学期にそれぞれ指定された日程に発表を行う。
研究企画発表の実施にあたり、学生は2年間の研究企画書を作成・発表し、発表後は研究企画発表実施報告書を作成する。 また、他の学生の企画発表や上位学年の進捗発表を聴講し、質疑する。学生の発表、 質疑応答には原則として英語を使用すること。 配属学生を持つ研究指導教員は、原則として当該学生の発表に出席し、審査担当に任命された教員2名とともに評価を行う。
研究企画発表の実施及び評価の方法について [※学内アクセスのみ]
http://web-int.u-aizu.ac.jp/official/faculty/sad/RPSguide_j.html

※英語でプレゼンテーションを行うスキルを身につけ、効果的な発表ができるように、「EFP 理系のためのプレゼンテーションセミナー」 (Q2開講)を受講することを推奨する。

なお、最新情報は下記リンクも併せて確認してください。
http://www.u-aizu.ac.jp/graduate/curriculum/guide/seminar-cis.html#RS
授業の目的と到達目標
/Objectives and attainment
goals
-
授業スケジュール
/Class schedule
-
教科書
/Textbook(s)
-
成績評価の方法・基準
/Grading method/criteria
-
履修上の留意点
/Note for course registration
-
参考(授業ホームページ、図書など)
/Reference (course
website, literature, etc.)
-


科目一覧へ戻る
開講学期
/Semester
2020年度/Academic Year  その他 /Others
対象学年
/Course for;
2年
単位数
/Credits
2.0
責任者
/Coordinator
- -
担当教員名
/Instructor
- -
推奨トラック
/Recommended track
履修規程上の先修条件
/Prerequisites

更新日/Last updated on 2020/02/04
授業の概要
/Course outline
在学期間短縮資格が認定された場合は、通年科目である研究セミナーI、研究セミナーIIの履修登録をそれぞれ特別研究セミナーI、特別研究セミナーIIへ 変更登録することができる。
授業の目的と到達目標
/Objectives and attainment
goals
-
授業スケジュール
/Class schedule
-
教科書
/Textbook(s)
-
成績評価の方法・基準
/Grading method/criteria
-


科目一覧へ戻る
開講学期
/Semester
2020年度/Academic Year  その他 /Others
対象学年
/Course for;
1年 , 2年
単位数
/Credits
3.0
責任者
/Coordinator
- -
担当教員名
/Instructor
- -
推奨トラック
/Recommended track
履修規程上の先修条件
/Prerequisites

更新日/Last updated on 2020/02/04
授業の概要
/Course outline
専門分野の研究成果に関するディスカッションを行うことにより、研究の方法論等について知識を一層深めることを目的とする。学生は研究の進捗状況を発表し、他の学生と討論をしながら、研究の幅を広げていく。また国際学会で発表することでグローバルに活躍できるITスペシャリストを目指す。研究セミナーへの出席とカンファレンスの参加の両方をもって修了要件とする。

なお、最新情報は下記リンクも併せて確認してください。
http://www.u-aizu.ac.jp/graduate/curriculum/guide/seminar-its.html#RSC
授業の目的と到達目標
/Objectives and attainment
goals
-
授業スケジュール
/Class schedule
「研究セミナー」
- 開催数: 2年間で12回を目安とする。
- 時間割: 担当教員、ITスペシャリストコースの学生の予定を調整して設定する。調整可能な限り他のアリーナと合同で開催する。

「カンファレンス」
チームの連名、またはチームメンバー各々による論文を一編以上、国際学会会議論文集に投稿し、国際学会で発表する。発表を伴わない査読付き国際学術論文誌への掲載も可とする。
教科書
/Textbook(s)
-
成績評価の方法・基準
/Grading method/criteria
「研究セミナー」
博士前期課程在学中に12回の出席及び2回の発表を単位修得の要件とする。指導教員が評価票に従って評価し、研究科長に提出する。

「カンファレンス」
博士前期課程在学中に、少なくとも1回の国際学会での発表を単位修得の要件とし、指導教員が評価票に従って評価し、研究科長に提出する。ただし、やむをえず国際学会での発表に至らなかった場合、または投稿したものの採否が修了判定に間に合わない場合は、修士論文発表会と同様に、3名の審査委員を推薦し、学内での発表を行ってもよい。


科目一覧へ戻る
開講学期
/Semester
2020年度/Academic Year  その他 /Others
対象学年
/Course for;
1年 , 2年
単位数
/Credits
2.0
責任者
/Coordinator
- -
担当教員名
/Instructor
- -
推奨トラック
/Recommended track
履修規程上の先修条件
/Prerequisites

更新日/Last updated on 2020/02/04
授業の概要
/Course outline
通常の授業の枠を超えて、学生が自由な雰囲気の中で意見交換をしながら新しい知識を学ぶことを目的とする。実施形態は、問題提起のための特別講義を企画・開催し、学生はこれらに参加して質疑応答を行うとともに、自らも共同発表をすることによって、Teaセミナーの履修とみなす。問題提起のための特別講義は、外部講師、博士前期・後期課程学生などにより、会津大学で開催する。また各種コンテストに参加し、学生各自が身に付けている知識をフルに活用し、問題の解決策を見出すことにより、自分の実力を確認することを目標とする。Teaセミナーの出席とコンテストの参加の両方をもって単位修得の要件とする。

なお、最新情報は下記リンクも併せて確認してください。
http://www.u-aizu.ac.jp/graduate/curriculum/guide/seminar-its.html#TSC
授業の目的と到達目標
/Objectives and attainment
goals
-
授業スケジュール
/Class schedule
「Teaセミナー」
指導教員が薦めるセミナー、学内で開催されるセミナー等に積極的に参加し、質疑応答及び共同発表を行う。

「コンテスト」
指導教員が薦めるコンテストに積極的に参加する。
教科書
/Textbook(s)
-
成績評価の方法・基準
/Grading method/criteria
「Teaセミナー」
博士前期課程在学中に、4回以上のセミナーへの参加及び3回以上のレポートの提出を単位修得の要件とし、指導教員が評価票に従って評価し、研究科長に提出する。

「コンテスト」
博士前期課程在学中に、少なくとも2回のコンテストへの参加を単位修得の要件とし、指導教員が評価票に従って評価し、研究科長に提出する。


このページの内容に関するお問い合わせは学生課 教務係までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス:sad-aas@u-aizu.ac.jp