CFS2006
Distance Lectures on Software System Development

本CFSについて

 株式会社アイヴィス様にお願いして、ソフトウェア開発第一線で活躍される方々から、ソフトウェアシステムやそれの開発などについて、お話を戴きます。

 ゼミナーは、株式会社アイヴィス(東京都・文京区)と会津大学両地点を結ぶ高速ネットワークを利用して遠隔ゼミナーの方式で行います(一部のみ、会津大学で対面方式で実施します)。

 ゼミナーの内容は大学院生のみならず、卒業後ソフトウェアシステムの開発・研究に従事する予定の学生にも非常に有益なものなので、ゼミナーは大学院生以外にも全学の学生に公開します。参加は自由です。多くの方の参加を期待しています。

 遠隔ゼミナーには、本学で研究・開発されている遠隔授業支援システムRIDEEが導入されます。

 毎回のゼミナーの後に、参加者の方にアンケートに回答していただき、このアンケートの集計結果に基づき講義の内容を微整するようにします。

 ゼミナーは演習室利用します。これにより全参加者がRIDEEを利用することが可能です。

     RIDEEの入手と使用についてはここを見てください

     RIDEEの使用説明会

9月6日  14:00〜16:00

コンピュータ演習室4(講義棟1階)

 

実施場所 講義棟1階 コンピュータ演習室4

日程(9:00〜12:10に実施.内容は微調整されることがあります)

日付 タイトル 講師 主な内容・キーワード その他
9/7(木) イントロダクション 古賀様 本講義全体に関する紹介  
未来の車は仮想の世界で
- CADシステム開発者の奮闘
熊切様 自動車設計用CADシステムの開発を例にして、ソフトウェアシステム開発の過程を示す。  
オブジェクト指向の理想と現実
− CADシステム開発への適用
坂本様

オブジェクト指向手法による開発効率向上や自動テストの実現方法などを、実例を交えて紹介する

 
9/8(金) サービス業としてのソフトウェア開発

 

−大規模プロジェクト開発のコツ(その1)

SEの資質(その1)
今井様
米村様
システム開発におけるコミュニケーションの重要性

(1) Webシステム開発の効率化
(2) オフショア(Offshore)開発成功のポイント

 
安孫子様

小橋様

24h稼動するシステムを成功に導いたもの

新入社員教育担当者が明かす、将来のソフトウェア開発者への期待

 
9/13(水) 若手SEの挑戦

 

 

関連事例の紹介

谷口様

黒丸様

川崎様

岩崎様

若手のSE(システム・エンジニア)が以下の事例を用いて、実用的なソフトウェアシステム開発での体験などを紹介する。

(1) 画像認識とシミュレーション
(2) オープン・ソース開発の極意
(3) ロボットと経路計画システム
(4) 屋外作業ロボット操縦・監視用画像転送・認識技術の研究開発

 
9/14(木) SEの資質(その2)

大規模プロジェクト開発のコツ (その2)

小橋様

島内様

新入社員教育担当者が明かす、将来のソフトウェア開発者への期待

(1) 移行の工夫
(2) 品質保証

 
乗用車スタイルデザインにおけるIT利用 成井様 自動車のデザイン段階に利用されている技術・技法などについて紹介する  
9/15(金) 携帯とIT 佐々木陽様*  会津大出身の企業家が以下の内容から、モバイルに関する最新の話題について講義する。
 (1)モバイルプログラミング
  (2)モバイルテクノロジー
  (3)FlashLite2.0

会津大学での対面型授業。但し東京サイトが聴講

次世代デジタル・エンジニアリング・システムの要件 大高晢彦様  講師はISO(国際標準化機構)における日本側のリーダで、「工業標準化事業功労者経済産業大臣表彰」受賞者です。
 (1) CAD/CAM/CAE/CGの最先端技術を紹介
 (2) 何が出来ていないかを整理します
 (3) 国家プロジェクトの活動を含めた将来の方向性を議論
(資料は英語、講義は日本語)

*会津大学修士課程在籍中

更新履歴

作成者:黒川弘国