パソコン甲子園のサポート

 パソコン甲子園とは?

 パソコン甲子園は2003年から毎年会津大学で行われる、全国高校生コンピュータ・プログラミング競技イベントです。
 パソコン甲子園の詳細は
ここを参照して下さい。

 競技情報表示支援システム

 パソコン甲子園には選手やコーチのほか、多くの学生や地元の方々が見物に来ます。全ての来場者が一体になってイベントを楽しみながらコンピュータやプログラミングに興味を持ってもらうように、主催者の会津大学ではいろんな工夫がされていますが、その一つは「競技情報表示支援システム」です。

 このシステムは競技情報(選手から回答が提出された。正解と判断された。不正解と判断された。......など)を受け取り、その情報を可視化して会場のスクリーンで観客に見せています。

 このシステムはパソコン甲子園とともに成長してきました。これまでに皆さんの先輩がこの情報を面白く見せるための工夫をいくつも実現しました。その成果がこれまでのパソコン甲子園で大活躍し、また開発者ももちろ んパソコン甲子園にその名を残すことができました。

(1) システムの歩み(本システムの最初から現在までの状況)

(2) 観客利用画面の操作方法

(3) 実システムを操作してみたい人はここを参照してください(学内のみ)

 

 関連情報

 −世界大学生プログラマの祭典ACM ICPC TOKYOの記録(学内のみ)

更新履歴