University of Aizu logo

語学研究センター

 

語学研究センター「CLR」について

会津大学言語研究センター(CLR)は、1993年の大学創立と同時に、コンピュータ理工学に必要な英語教育と研究を奨励する目的で設立されました。所属教員は各自の研究に加え、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングの4技能すべての向上を目指した英語教育に携わっています。

会津大学は日本国内初のコンピュータ理工学に特化した大学であるため、1000名以上の学部生と200名以上の大学院生が、コンピュータサイエンス関連分野について学んでいます。大学はコンピュータへのオープンアクセスで知られています。学生とコンピュータの比率は少なくとも1:1で、24時間オンサイトコンピュータとワイヤレスインターネットへのアクセスが可能です。教員の約40%が中国、ロシア、インド、韓国、ベトナム、エジプト、フランス、チュニジア、カナダ、ニュージーランド、米国等、海外出身であるため、多くの講義が英語で行われております。そのような環境の中で学生たちは英語でのコミュニケーションが必要になります。 CLRは英語教育を通して、学生たちのゴール達成を支援しています。

会津大学は公式にバイリンガル大学であり、会議や文書はすべて日本語と英語に翻訳されています。前述のように、英語教育は会津大学にとって非常に重要です。学生は CLRが提供するEFL(English-as-a-Foreign-Language、外国語としての英語)関連の授業を履修するのみではなく、英語で講義が行われる多くのコンピュータサイエンス関連科目も履修することになります 。すべての学部生は英語での卒業論文が義務付けられており、大学院レベルのすべての論文が英語で書かれ、提示されます。また多くの留学生は英語で研究を行なっております。

CLRの教員は英語教授法を改善するために絶えず努力しており、日々の教育に各自の研究成果を反映させています。 2018年4月、新しい英語教育カリキュラムが導入されます。1つはタスクベースのアプローチで、コンピュータサイエンスやその他のコースの学生のニーズに直接対応します。CLRはこの英語教育の転機にあたり、コンピュータサイエンスと英語の両方のスキルを習得することに積極的な新入生を心から歓迎します。