1. パソコン甲子園2017 HOME>
  2. プログラミング部門
 
プログラミング部門
  • 競技内容
  • スケジュール
  • 応募方法
  • オンライン講座
  • もうひとつの本選〜オンラインチャレンジ〜
  • 過去問
  • 競技環境
  • よくある質問

競技の概要

プログラミング部門競技では、予選・本選・『もうひとつの本選』において、以下の手順によって競技を行います。

  • 制限時間内に問題に対する解答プログラムを作成し、専用ウェブページより提出します。
  • 提出された解答プログラムはルールに従ってコンパイル、実行され、その出力により審査されます。
  • 正解した問題において獲得した合計得点を競います。

出題される問題は、初級者から上級者まで幅広いレベルの参加者が取り組めるよう難易度の異なる問題で構成されます。 過去問を公開していますので、事前に目を通しておき、練習や対策に役立てください。

競技要項

ダウンロード

競技ルール

  1. 同一学校の2名の生徒でチームを構成します。
  2. 各チームにつき1台のコンピュータを用います。
  3. 制限時間内に問題の解答プログラムを作成し、提出します。
  4. 使用できるプログラミング言語はC、C++、Javaです。
  5. 提出された解答プログラムを審査用の環境でコンパイルし、実行します。審査用のデータに対するプログラムの出力に応じて得点を与えます。

予選について

予選は、参加者の在籍する学校を会場として、インターネットを通して全国一斉に行います。予選の実施に当たっては、各学校において競技ルールを理解し、予選が厳正に実施されるよう管理する監督者を配置の上、各学校の責任の下で実施します。

  1. 予選開催日時

    平成29年9月9日(土)13:30〜16:30

  2. 予選に必要な環境

    各チームは、インターネットに接続したプログラミング用のコンピュータ1台を用意してください。

  3. 予選の方法

    詳細については、参加校に別途通知しますが、概要は以下のとおりです。
    @予選開始時刻に合わせて、問題を予選用ウェブサイト及びパソコン甲子園ウェブサイトに公開します。
    A競技者は解答プログラムを作成し、予選用ウェブページから提出します。正解・不正解の判定結果を返しますので、制限時間内であれば再提出することができます。
    B監督者は、予選終了後に予選が厳正に実施された旨の文書(様式は競技要項をご覧ください)を速やかに送付してください。

  4. 注意事項

    ①使用できるコンピュータは、1チームにつき1台です。
    ②筆記用具、メモ用紙、参考図書、ノート等の使用は自由です。ただし、参考図書に添付されている電子媒体等の使用は禁止します。
    ③予選競技中は、同一チーム員以外の第三者(監督者の教職員含む)との相談や情報のやりとりを禁止します。Twitter、ブログ等のSNSの利用、インターネット質問サイト等の閲覧や書き込み、チャット、Skype等の利用、電子メールの送受信(パソコン甲子園事務局とのやりとりを除く)などは禁止します。
    C携帯電話の使用は禁止します。

  5. 順位付け

    次の@からCの順番で順位を決定します。

    @合計得点が高いチーム
    A@が同点の場合、難易度の高い問題の正解数が多いチーム
    BAが同数の場合、正解した問題において誤答回数の少ないチーム
    CBが同数の場合、より早くその得点に達したチーム

  6. 本選出場チームの選出

    本選出場チームは30チーム程度です。得点順上位チームの他に、広く情報処理技術の学習に取り組む機会を提供するため、主催者が定める各地域で優秀な成績を収めたチームを本選出場チームとして選出します。

  7. 結果の通知

    平成29年9月15日(金)に、パソコン甲子園ウェブサイトで発表します。

    本選出場チームへは、本選出場通知を発送します。また、予選に参加した全チームには、得点及び順位を記載した「参加証書」を電子メールにて送付します。

  8. その他

    予選にかかる経費(郵送料、通信費等)は参加者の負担とします。

本選について

本選出場チームが、会津大学の会場にてプログラミング技術を競います。制限時間4時間の間に、難易度の異なる問題の解答プログラムを作成します。

  1. 本選開催日

    平成29年11月3日(金・祝)、4日(土)

  2. プログラミング環境と使用機器

    ①会場で使用できる機器は主催者が用意したコンピュータで、各チーム1台です。
    ②コンピュータの仕様については、本選出場チームに通知します。

  3. 本選の方法

    制限時間内に解答プログラムを作成し、指定された方法で提出します。正解・不正解の判定結果を返しますので、制限時間内であれば再提出することができます。

  4. 注意事項

    ①競技中にチーム内のメンバーと相談することは自由ですが、外部との連絡や相談をすることはできません。
    ②スマートフォン、携帯電話などの通信機器、ノートパソコンなどの電子機器類、CD、フラッシュメモリなどの電子記憶媒体を本選会場へ持ち込むことはできません。
    ③筆記用具、メモ用紙、参考図書、ノート等の持ち込みは自由です。ただし、参考書に添付されているCD-R等の電子媒体等の持ち込みは禁止します。

  5. 順位付け

    次の@からCの順番で順位を決定します。

    @合計得点が高いチーム
    A@が同点の場合、難易度の高い問題の正解数が多いチーム
    BAが同数の場合、正解した問題において誤答回数の少ないチーム
    CBが同数の場合、より早くその得点に達したチーム

  6. その他

    競技会場内への飲食物の持ち込みは禁止します。

ソースコードの取扱いについて

予選および本選で提出されたソースコードについての著作権は参加者に帰属します。大会運営等に役立てるため、主催者は参加者に許可を得ることなく、提出されたソースコードを利用または公開する場合があります。

サイトマップ
ページトップへ